新着記事一覧
2018年03月28日

白石城死守

筆者は、明治36年(1903年)生まれであり、小学校卒業後に東京の質店

に奉公に出される。

その質店の名前が、山本周五郎商店であり、筆名として借りることになる。

 

白石城死守

著者:山本周五郎 発行所:講談社

政宗が、上杉景勝の北の最前線である白石城を奪還した。その直後、家康から

白石城を引き払い、岩手沢まで後退、三成挙兵で連携している上杉軍を牽制せよ

との使者が訪れる。勇猛でなる上杉軍の甘粕景継の守る白石城をようやくに落と

した直後である。しかし、家康に逆らえない政宗は、浜田治部介にわずか五十騎

を残して撤退を決める。家康の意図を知る治部介はある決意を持って籠城する。

☆☆☆

9784062938495_w.jpg