新着記事一覧
2018年10月25日

風刃の舞

風刃の舞(ふうじんのまい)

著者:長谷川 卓 発行所:角川春樹事務所

矢が、四町(436m)以上も飛んで、棒手振の魚屋の胸に突き刺さった。

通常の弓では届かない距離である。

北町奉行所の臨時廻り同心・鷲津軍兵衛の出番となった。

そして、実際には七町三十間も飛ばす弓があることが分かった。

その探索の途中に、4年に一度、大掛かりな押し込み強盗を企てている

夜泣き一味の尻尾をもつかんだ。実は軍兵衛の顔の傷は、この四年前に

夜泣き一味からつけられた傷であった。☆☆☆

51CHZ8KFDJL._SX345_BO1,204,203,200_.jpg