新着記事一覧

紙の寸法表

 四六判 788×1091  2尺6寸×3尺6寸

 元来美濃判(273×393)の8面取りの寸法で

 32取りした時4寸2分×6寸2分になるところから

 菊判  636×939 2尺1寸×3尺1寸

 明治時代よりこの寸法が新聞に使用され、

 新聞の「聞」がキクと解釈されたため

 A本判  625×880 2尺5寸×2尺9寸

 昭和4年に標準寸法として制定

 

 ハトロン判

 900×1200

3尺×4尺

 従来包装紙に使用されたハトロン紙が

 この寸法で あったため

四六半才判   788×546  2尺6寸×1尺8寸

 四六判の半才寸法

 

 B本判  765×1085  2尺5寸2分×3尺5寸8分

 昭和4年に標準寸法として制定

 

 A小判  608×856  2尺×2尺8寸

 JIS規格A1の仕上げ効率化のため

 

 艶判  508×762  1尺6寸8分×2尺5寸1分

 ケースの合紙に使われたツヤ紙がこの寸法であったため